こだわりの野球

野球がまじ萌えることに今更気付いた

 思考性が強い遊びはすべて仕事に役に立ちます。
ゲームやスポーツなどもそうです。ただし、反射神経や
技術の要素が強いものはあまり役に立ちません。
慣れてくると何も考えずに惰性でやるようになる可能性が
でてくるからです。

スポーツは技術の要素が強いものですが、一定レベルに
達すると、思考的な要素が重要になってくるものです。
一流の選手などが必ずビデオなどを見て、研究するのが
良い例です。力だけで勝てるのはある程度のレベルまで
でしょう。

サッカーや野球、ゴルフ、テニス、相撲、柔道・・・・・
すべて頭を使って研究しなければ一流にはなれないはず
です。自分が勝とう勝とうとばかり考えているような
初心者の人は、自分のことで精一杯ですから、研究する、
考えるという段階まではなかなかいきませんね。

たとえ余暇にやる趣味や遊びであっても、単に楽しいから
やっているというレベルでは考える訓練にはなりません。
自分は楽しみでやっているという人はそれでかまわないと
思いますが、せっかくやるのなら、一流とはいわないまでも、
それに近いレベルを目指したほうが仕事に役にたつことは
間違いありません。

ゴルフならシングル、囲碁や将棋ならば有段者を目指して
やるのがいいと思います。そこまでになるには、そう簡単は
いきませんから、必然的に勉強し試行錯誤していくことに
なります。その訓練が仕事に生きてきます。

自分の楽しみだからいいやと考えて、頭も使わず研究も
しないレベルで満足している人は、FPの仕事においても
同じように趣味の世界で終わってしまうかもしれません。

当社の無料メルマガです。趣味やボランティアを言い訳にしているFPが非常に多いです。
メルマガ登録・解除《直伝》FPで生計を立てるためのメルマガプロFPJapan(株式会社PFJ) 千葉史郎>> サンプルを見る詳細ページへpowered by まぐまぐ!プロFPJapanホームページ

野球に対する評価が甘すぎる件について

今年秋の関西旅行は2泊3日で巡ることになりました。
それで初日のオープニングは、いきなりラーメン

はい、小生は関西地方を「ラーメン注目エリア」と捉えているのでした。
画像多数(31枚)でお届けします。

♪♪♪★☆★☆★☆♪♪♪★☆★☆★☆♪♪♪★☆★☆★☆

今回の旅の始まりは「羽田空港」から。

朝食タイムに卵かけご飯を提供するユニークなお店を訪問。

山積みの生卵と、

九州の漬物が付け合わせで頂けます。

頂いたのは「玉子丼」。

普段は生卵を食べない小生でしたが、今回は玉子丼の上に1個落としてみたよ。

はい、美味しく頂けました。
「TKG(卵かけごはん)」好きな方にはきっとたまらないお店ですね

さて、往きは、羽田→神戸間を飛行機で移動。

これから搭乗する旅客機をパチリ。

右側には「阪神タイガース」のラッピング旅客機、
上側には富士山が見える、絶妙のコラボレーション。

機内サービスで「キットカット」を貰った。

今回の旅も過密スケジュール、全ての訪問予定先を回れるよう
「きっと勝つ」と願掛けしながら頂きました。

神戸市内に到着。
ポートターミナルからメリケンパーク付近を撮影。

今回の訪問先は西宮市内。JR福知山線「塚口駅」が最寄り。

「ロックンビリーS1」を訪問。
何だかすごそうな外観のお店です。

特にこの看板
お店のご主人が麺の湯切りをする時の決めポーズです。

本物の店主は「矢沢永吉命」という感じでリーゼントがバッチリ決まっている御方。

そして店内は意外にも静か、「永ちゃんの曲」など音楽はかかっていませんでした。

メニューは「尼ロック」「Sのロック」など独特なネーミング。

奥様と思しき方から「最初は『尼ロック』(醤油味)から」と勧められました。

そうして着丼「尼ロック 全部のせ」。
どのへんに「尼ロック」のネーミング要素があるか分かりませんが、とりあえず頂きます

スープは鶏から取った優しい味。「比内地鶏」が使われているという。

麺は中細ストレート、素直に美味しく頂けます。

玉子割りの結果はトロットロ。
そういえば、今日はちょっと玉子を食べ過ぎたね。

複数枚あるチャーシューも全て美味しかったです。

今回は付け合わせに「とり丼」を頂きました。

はい、合わせて美味しく頂けました。

その後は同じ西宮市内ということで、こちらを訪問。

「阪神甲子園球場」試合のない日につき閑散としていた。

「甲子園歴史館」ここで甲子園の歴史を学びます。

まずは高校野球
2つのユニフォームは「松井秀喜」と「松坂大輔」の高校時代のもの。

大学アメリカンフットボール。
展示は少なかったけど「甲子園ボウル」に関するものなど。

そしてプロ野球
3つあるユニフォームの共通点は

はい、阪神タイガース3度の優勝監督が着ていたものでした。

そしてタイガースで活躍した名選手など、
当然ながらタイガース中心の展示なのでした。

その後は屋外へ。「ここはどこでしょう」

はい、バックスクリーンの真下に来ていました。
球場の全景を見渡すことが出来ます。

チアリーダー達がジャージ姿で踊っていました。
「何かのリハーサル」

電光掲示板から「阪神タイガースファン感謝デー」と推察。

“関係者”になった気分で、リハーサルを見学する幸運に恵まれました。

何だか幸先良いですこれもキットカット効果かな

関西旅シリーズ、続きます

  

閉じる

楽天ウェブサービスセンター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする