お買い得な野球はここで探そう!

野球は未来

前回サヨナラ本塁打を打ったのにタイムが掛かっていた為、幻になった近藤和彦さんを紹介しましたが、もう一人サヨナラ本塁打を打ったのに前の走者を追い越し幻になった選手がいる、その選手とは今や韓国プロ野球のレジェンドとなった白仁天選手である❗❗❗

1967年7月19日の東映VS近鉄戦(神宮球場)5-3と近鉄2点リードで迎えた9回裏、東映は無死一塁二塁のチャンスを掴む➡ここで白仁天選手はレフトスタンドに大飛球を放った「逆転サヨナラ3ラン本塁打」と沸きに沸く東映ベンチ➡ところがその白選手打球を行方を見ながら一、二塁間で止まっていた一塁走者吉田正昭選手を追い越してしまった➡「アウト」の宣告された白選手はその場で呆然自失、記録はシングルヒットで2打点、試合は5-5で延長に➡そして延長に入り1点を勝ち越した近鉄が6-5で勝利した➡このシーズンの東映は65勝 65敗4分で3位、2位の西鉄が66勝64敗10分、もし白選手の走者の追い越しがなければチームは2位だっただけに、白選手自身にとってもチームにとっても大チョンボな出来事だったのだ❗❗❗

来日韓国人白仁天選手は1963年に東映(後の日拓ホーム、日本ハム)入団、3年目の1965年に外野手としてレギョラーに定着、116試合95安打、14本塁打、44打点、打率.267の成績を残した~⚾1969年は主に1、2番を打ち132安打、12本塁打、46打点、打率.291、9本の三塁打を放ち足でも魅せた~⚾1970年には137安打、18本塁打、64打点、打率.276、30本の二塁打を打ち盗塁28も記録し、この年も足でチームに貢献した~⚾1972年は153安打、19本塁打、80打点、打率.315、二塁打は33本、盗塁は20、クリンナップを打つようになったこの年は9年目にして3割をクリアしている❗❗❗

1975年には大平洋グラブに移籍~★この年は故障に悩みながらも121安打、16本塁打、53打点、打率.319で首位打者を獲得、この首位打者は130試合での規定打席403ギリギリの首位打者で話題になった~⚾1977年にはロッテに移籍、1979年は141安打、18本塁打、71打点、打率.340、36歳にして自己最高打率をマーク、高打率だったが加藤秀司選手が3割6分、新井宏昌選手が3割5分を打った為、打率3位であった、その後1981年に近鉄に移籍しその年に日本での現役を退いた~★通算成績は1969試合、1831安打、209本塁打、776打点、打率.278、盗塁212である❗❗❗

引退後は1982年から1983年に韓国プロ野球のMBC青龍、1984年は三美スーパースターズで共に監督兼任として3年間プレー、1982年のMBC青龍時代は打率.412で首位打者を獲得しており、日韓通算すると1966安打を打っている~⚾1990年から1991年はLGツインズ、1995年から1997年は三星ライオンズ、2002年から2003年はロッテジャイアンツと3チームで監督を務め、1990年はLGツインズを優勝に導いており、韓国プロ野球のレジェンド的存在となった~★現在韓国プロ野球の選手が日本でプレーするのは当たり前の様になったが、その懸け橋になったのは白仁天選手なのである❗❗❗

野球 はキッズでキマリっ!

息子が高校の修学旅行から帰宅無事に帰りほっとした
うずらは兄が帰宅して喜びが隠しきれない。兄が玄関に入るなりここ数日学校であった事を話す話す息子がベルトをベチベチと妹に当てながら楽しそうに話を聞く。いいね、兄妹
息子が修学旅行中に届いた手紙10年前、小学1年当時の小学校行事記念企画
タイ◯カプセ◯。息子が帰るまで中を開けたくウズウズするBOSSとうずらと私。中身を想像するだけで泣けた
そして息子が自分で開封中には10年後の自分宛てに書いた絵手紙のような日記と私が書いた手紙が入っていた。息子はお父さんと野球をしてホームランを打ったとか足が速くなって走ったなど書いてある。私が息子に書いた手紙には息子が1年生で話した目標に対し10年後はどうなってるかな?身長は伸びたかな?男前になってるかな?いつも愛してる等々書いてあった。あれから10年経った今息子の目標は変わっておらず元気に育ってくれた息子の成長に只々涙した

そんな大事な家族の時間を潰す男がいたっ

チューハイ、ビール梅酒を飲んだ男そうBOSSだっ

「こんな小さい時から
今と変わらん目標持っとったんかーーっ」

酔・う・とるうううう

息子のお土産のちんすこう今は色んな味が出ていて色々選べるしとても美味しい私の記憶では昔は口に合わない豚の脂で小麦粉を固めたような味だったのに。これから暫く毎日ちんすこう祭りだ

閉じる

楽天ウェブサービスセンター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする