野球特集♪贈って喜ばれる商品がいっぱい♪

野球のとっておき通販商品を検索、気になる情報は店舗レビューを参考にしましょう

何の日・行事 OLの日
ハイビジョンの日
女性に対する暴力根絶のための国際デー
憂国(三島由紀夫)忌 歴史・出来事 1890年 第1帝国議会召集
1896年 神戸で映画が日本初一般公開
1931年 平凡社が「大百科事典」刊行開始
1936年 日独防共協定調印
1940年 ウッディー・ウッドペッカーが「キツツキと熊一家」で初登場
1947年 第1回共同募金始る
1970年 三島由紀夫、市ヶ谷駐屯地で自衛隊に演説後、割腹自殺(享年45歳)
1977年 世良公則&ツイストが『あんたのバラード』でレコードデビュー
1978年 竹内まりやが『戻っておいで・私の時間』で歌手デビュー
1986年 3億余円スプレー強奪事件(1557)毛利元就の訓戒三本の矢の話のもと
(1876)福沢諭吉[学問ノススメ]出版
(1890)第1通常会議召集
(1900)女子嗜輪会結成
(1931)平凡社大百科事典刊行開始
(1934)鉄道車両にストリ-ムライナ-(流線型)登場
(1947)赤い羽根共同募金開始
(1953)ディオ-ル旋風まき起こる
(1966)新宿西口広場完成
(1970)三島由紀夫自決享年45歳
(1985)厚生省50代60代の男性の呼称を[実年]に決定
(1992)オゾン層保護でフロンの原則的廃止を決定
(1994)97年4月から消費税率が5%に税制改革関連法案成立
(1996)松尾芭蕉の[奥の細道]の自筆原本の存在が判明
(2000)西日本鉄道北九州線の一部(熊西-折尾)この日限り廃止 今日が誕生日の有名人 1835年 カーネギー(米・実業家)
1891年 米川正夫(ロシア文学)
1924年 吉本隆明(評論家・ばなな父)
1926年 ジェフリー・ハンター(俳優)
1936年 坂本スミ子(歌手・女優)
1948年 市川準(映画監督)
1949年 関川夏央(作家)
1951年 大地康雄(俳優)
1953年 結城しのぶ(女優)
1954年 三浦みつる(漫画家)
1957年 岡田彰布(野球
1959年 赤坂泰彦(DJ)
1960年 又野誠治(俳優)
1962年 坂口博信(ゲームデザイナー)
1962年 寺門ジモン(ダチョウ倶楽部)
1971年 塚地武雄(タレント)
1976年 阿久津健太郎(ZERO・歌手)
1978年 小野寺歩(カーリング)
1978年 椎名林檎(歌手) コチョウラン  花言葉:永久の愛アマビリスという原種の蝶が飛び回るような姿を見て、台湾で「胡蝶蘭」と呼ばれたのがきっかけとなり、日本でもその名前で親しまれています。   憂国(三島由紀夫)忌

上質な野球でエレガントに

手術の直前まで仕事をしていた私。 月曜日に入院し火曜日に手術だったのですが、その直前の土曜日曜は愛知県一宮市で行われたドリームベースボールに参加しておりました。  いつもご一緒する先輩方には病気のこと、手術することを直接ご報告させて頂きました。 「ちょっと手術してきますわ」と、そんな感じで。  仕事に水を差したくなかったですし深刻に受け止めて欲しくなかったのです。 お酒こそは流石に飲みませんでしたがあとは全く普通に、いつも通りの私で愛する野球を楽しんできました。   後になって知ったことですが イベントのスタッフの方には妻が事前に連絡してくれていて「私の現在の体調は全く心配ないので普段通りに接して下さい。アルコールだけは飲まないよう、そこだけは目を光らせておいて下さい。」とお願いしてくれていたそうです。 妻は、その他にもごく親しい方々と、お仕事でお世話になっている方への連絡を私がいない間に全て済ませておいてくれていました。 私が妻に言われた事は「特別にお世話になっている野球界の先輩方へは直接あなたからご報告して下さい。」ということだけでした。  余計な神経を使わせたくないという妻の心遣いだったのだと思います。  そして息子たちは入院に必要な物の買い物に行きパジャマから下着、ガウンや履き物まで全てを揃えてくれていました。二人して、色々な所を廻って丁寧に選んでくれたようです。   仕事を終えて家に帰ると家族は笑顔で迎えてくれました。 荷物のパッキングも全て終っていて 「ただいま!」「おかえり!」「明日は早いからもう寝たら?」「うん。でも、荷物は?」「もう出来てる。」「そうか、分かった。じゃぁ、寝るわ。ありがとな。おやすみ。」「うん、おやすみ~。」 そんな風に、いつも通りの大島家の空気感のままこの日の夜は終わり、あっという間に入院の朝を迎えたのでありました。   その時は気がつかなかったというかやはり、気づく余裕がなかったのでしょう。 今にして思えば…ということがたくさんあります。 全てが、家族の心遣いだったのですよね。私が何も心配することなく安心して入院できるように、安心してすっと眠れるように、という さり気なくも、大きな家族の愛情。  今、改めて今だからこそ、尚強くありがたく感じている私です。  
2016年11月13日

今にして思えば

閉じる

楽天ウェブサービスセンター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする